20mmの人工芝のおすすめの利用法

戸建てに住んでいる方はもちろん、マンションなどでもバルコニーのある方なら人工芝を庭で利用したいと考える方は多いでしょう。理由としては、本物の芝生だと手入れが大変である事が一番に挙げられますが、それ以外にも最近だと地蜂が巣を作ってしまったりする危険性もあるので、特に小さいお子様やペットを飼っているご家庭では人工芝の方が安全にもなります。人工芝の中でも長さなどは色々とありますが、20mmのタイプが長すぎて歩き始めのお子さんは足が取られる心配や危険性などもなく人気があります。ペットの中でも通常時は室内で飼っている小型犬などの場合は特に、お散歩以外に運動させるとなるとやはり自宅の庭が活躍の場となるので、そういった場面でも20mmの長さで歩きやすい人工芝は大活躍します。

人工芝は20mmがちょうどよい長さです

ホームセンターや園芸用品を取り扱うお店へ行けば、沢山の種類の人工芝が売られています。20mmの人工芝の中でも大きさがいくつかあり、幅が1メートルのタイプや1.5メートルのタイプなど選べるので、そのお庭にあったサイズを計ってから行くと失敗しません。先述でも言った通り20mmという長さは、本物芝生とも近くちょうどよい長さなので一見しただけでは人工芝とは分かりにくいのが利点です。人工芝の中には明らかな人工物と分かるものもありますが、20mmの長さであれば、それなりの芝生を選べばリアルな芝生をお手入れの手間なく手に入れる事ができます。庭というのはご近所からも見える場所なのであまりに手入れをしていないと、恰好が付かない場所になってしまいますが、人工芝ならその点でも問題ありません。

人工芝を20mmで敷く場合の利用方法

小型犬が遊びまわるのにも、もちろん利用しやすい20mmの人工芝ですが、やはり小さなお子さんがいるご家庭には持ってこいの芝生です。庭に滑り台やブランコ、シーソーなどの大型遊具を置く場合にも夏にビニールプールを置く場合でも、人工芝は大変重宝します。人工芝を敷く前には土台に除草シートを敷くのですが、その下は土になっているのでよっぽどでなければ水はけもよく、衛生的にも問題はありません。また照り返しなどもある程度カバーできるので、コンクリートほど熱くなりすぎる事もなく夏にお庭でバーベキューなどをするご家庭にも、便利でしょう。また、ゴルフをする方のパター練習にも20mmの長さはちょうどよく好まれています。自分で施工するのは手間もかかりますが、仕上がり後は手入れほとんど不要のメリットがあるのでそれを楽しみに頑張ってください。