おすすめの20mmの人工芝の購入法

お子さんやペットの外遊び用や、防音対策などの目的で人工芝を利用している家庭は多くあります。中でも人工芝の20mmは人気があり、見た目にもリアル人工芝と呼ばれているタイプにすれば、本物の芝生と見間違えるほどにリアルです。従来の所謂ビニール素材の人工芝というと、緑が鮮やか過ぎてしまい明らかに人工芝だというのが見て取れました。しかしリアル人工芝と呼ばれるタイプのものは、芝の一本一本に緑だけでなく枯草色などを3から4色ほど混ぜ、芝の長さも不揃いであったり向きも不均一になっていたりと、一目見ただけでは自然芝との見分けがつかない程にリアルに作られています。その為一年中見た目が大きく変わらない特徴を生かし、飲食店のテラス席や企業の中庭に加え、写真撮影にも向いているという利点から結婚式場などでも使用されています。

人工芝の20mmは素足にも心地よい長さの芝生

こだわれば価格もそれなりにするリアル人工芝なので、良いものであれば本当に自然の芝生と比べても何ら遜色のない庭を造る事ができます。ふかふかな手触りはありつつ、そこまで埋まってしまう事もないので歩き始めの小さなお子さんがいるご家庭や小型犬を飼っているご家庭などでも、安心して使う事ができるでしょう。また一年中敷いたままの人工芝なので、そういう部分では冬でも違和感がないのが利点とも言えます。更にもう一つ利点なのが水はけのよい事です。雨はどこの地方でも降りますので、その際の水はけが悪いとあっという間に水溜りができてしまい、人工芝が傷む原因ともなってしまうのですが。この20mmのタイプはその点にも全く問題がないので、手入れの必要もなく梅雨の時期なども乗り越える事が出来るでしょう。

人工芝の20mmを購入するおすすめの方法はこれ

人工芝の20mmタイプを購入するのにおすすめの方法は、やはり自分の目で一度はしっかり見てみる事です。その上でインターネットショッピングを利用するのもいいですが、先ずは店頭へ足を運び実際に求める人工芝がどの様なものか確認するようにした方がいいです。人工芝には小さければタイルほどの大きさのものから、大きいと2m×5mのタイプに同じ長さで幅は1.5mのものなど様々な種類があります。その中で自分の求めるサイズがどのサイズなのかは目で見てみないとイメージと違う場合も多々あるものです。できれば事前にメジャーで長さを計ってくるといいでしょう。その上で貼り付けの時の事も考慮して少し長めもしくは大きめに購入して下さい。購入の際には下に除草シートを敷くようにするのがオススメのポイントです。